JOURNAL

Fruitsjolie & Paris -vol.1-



 今回のパリ企画が現実味をおびてきたのは、パリではなくノルマンディーの大自然の中。知人の別荘で朝食のおしゃべりを楽しんでいた時のこと。ホストの彼女から突然、まばゆい光が放たれた。Eliseがいいと思う、うん彼女が最高!」。


 Fruitsjolieはおかげさまで今年10周年を迎えたジュエリーブランド。これまで関わってきた人たちに新しい何かを届けたいと今回の企画案がスタートした。Fruitsjolieには熱烈なファンがたくさんいる。ファンとスタッフとの絆も強い。私たちがブランド立ち上げ当時から大事に育んできた絆であり誇りに思っている。「その輪を広げていこう、世界中に!」これが今回の企画の趣旨だ。では、どこの土地から? Fruitsjolieの名前の由来はフランス語の造語。よし、「華の都パリにも絆を広げよう!」



 遠く離れた場所からは何も見えてこない。アイデアが浮かんでもこないのでパリにやってきた。パリで会社を営む日本人マダムとの細い糸をたどってパリ入りを果たし、アパート暮らしも落ち着いてきたころ、ノルマンディーへの電車のチケットと共に一通のメールが送られてきた。「細い糸が切れずに繋がっていた」ことにほっとし、2時間超の電車の旅に心が躍った。

 Fruitsjolieと出会って、ファンになってもらえる女性を探している。パリで生まれ育った感性が、Fruitsjolieをどう感じるのか、どう楽しむのかを発信したい。日本のファンへ「なるほどそんな感じ方があるのか」、「そうやって楽しむのか」を伝えていきたい、と打ち明けたところでの、先述の一筋の光だった。「彼女は生粋のパリジェンヌよ、ファッションデザイナーでサンジェルマンデプレにお店も持ってるわ」。さらに少し太くなった糸を頼りに、その後パリでEliseに会える日を心待ちにした。


 「ボンジュール!」高めの音に柔らかな口調。と、同時に可愛らしい笑顔。インターネットで事前に見ていた「仕事の顔」とは全く違った印象に驚いた。Fruitsjolieのリングを手に取り、眺めたり、着けてみたり、とても楽しんでいる一人の乙女。企画の趣旨にも理解を示してもらうことができ、細い糸がまた少し太くなった。


 

 あれから約一か月、インタビュー、撮影、食事会を通してFruitsjolieをより深く知ってもらう日々を過ごしている。少しずつ少しずつ、一歩一歩、旅は続く。 aki

 

Fruitsjolie & Paris -vol.2  はこちら

Fruitsjolie & Paris -vol.3  はこちら

前の投稿へ
次の投稿へ
×

recently viewed

top