JOURNAL

わ た し を 輝 か せ る O N E T I M E -vol.2-

Fruitsjolie のハイエンドライン「ONE TIME」。これまでオーダーで作られた ONE TIME にはどんなものがあったのか、実際にオーダーしたみなさんにどんな思いでどんな風にして作られたのか教えてもらう企画です。第2弾は Fruitsjolie の生産管理を担当するmegumiさんです。

megumiさんはFruitsjolie(以下、FJ)に参加する前にもジュエリー業界に27年携わっているルースをよく知る人です。日常使いするリングは手作りのBOXに入れているというmegumiさん。そんなmegumiさんがどんなONE TIMEをオーダーして作ったのか訊いてみました。





――megumiさんは今回自分の石を持ち込むかたちでONE TIMEを作ったんですよね。石を持ち込むリメイクオーダーというのもONE TIME のラインのひとつです。まずはmegumiさんがONE TIMEを作ろうと思ったきっかけから教えてください。


「このルースは石の展示会で『かわいい〜』って一目惚れして買ったものです。私も自分でジュエリーを作ろうと思えば作れるので、いずれ作ろうと思って引き出しに仕舞ってあったんですが、仕事をしているとなかなかできなくて。それでFJ に入ったきっかけで私の持ってる石もFJのリングにしたいと思って」


――そうですよ。誰よりも持ってて詳しい。

「それで最初に作ってもらったのがこのリングです」


(ルース:デンドリティッククオーツ、留め方:覆輪留、シルバー24Kゴールドコーティング)


――これがmegumiさんが一番初めに作ってもらったONE TIMEかぁ。綺麗ですね。でもこのルースって大きくて高さがあるでしょう。それをリングにするって勇気がいったんじゃない?


「そこまで気にしなかったけどオーダーの時に一つだけ条件を付けたのが、後ろが深くて高さのある石だったから、あまり高さが出ないようにというのだけお願いしました。あとは実際にFJ のリングをたくさん見てきているので想像ができるというか、信頼ができたのでそれ意外は全部お任せしました」


――なるほど。リングにすると石自体をずっと手元で見られるのってやっぱりいいよね。

「そうなの。最初にこの石を買った時からリングにしようと決めていたので。やっぱりリングだと自分がいつも見れるから」


――megumiさんはよくご存知の通り、FJのオーダーだと石の留め方自体も石を傾けたり、縦にしたり、横にするか選べますがその辺りは何かこだわりましたか?




「いえ、お任せだったので。これはちょっとだけ斜めに留めてあるんだけど、左手にリングをした時に自分から見るとすごくちょうど良くて。でも私が左手のこの指にするとはデザイナーは知らなかったと思うので、奇跡的なベストポジションだったんです。それはすごく嬉しかったですね」


――実際に出来上がったリングの着け心地はどうですか?

「重さもある程度あるし、大きいんだけど自然と馴染んで着け心地はいいです。出かける時に着けていてもぶつけたりとかもしないし」


――あともう枠のコーティングの色味がすごい! ほぼコーティングは取れてきてるね。

「ほぼ毎日使ってるから(笑)。いい感じに味が出てきてます。逆に最初の頃よりも気に入っていて」


――早く育てたいって感じだったんですね(笑)。

「そうそう、まさに。早く馴染まないかなと思っていたので、今はさらに愛着が湧いています。成長が嬉しいです」



――今の枠の色がリング自体をよりシンプルに見せていて、megumiさんの雰囲気ともすごくフィットしているというか、相性がよくなってきてるね。


「ありがとう。FJのリングはシンプルだからこそ飽きがこなくてずっと使えるのがいいです。特に私はルースに一目惚れして、それを持ち込んだので、この石が素敵に見えて。石がとても活きてるところが気に入っています」


――“石が活きてる”っていいですね。

「はい。石を活かすデザインがFJの一番の魅力だと思います」



今回のようにFJではルースを持ち込まれてリメイクオーダーをするお客様もたくさんいらっしゃいます。megumiさんのように大切な石をリングにすると、いつも自分が眺めていられるという心強さや嬉しさがあります。あなたのジュエリーボックスの中にも眠っている大切なジュエリーがないか、そっと覗いてみてください。



ONE TIMEのリメイクオーダーについては、STUDIO FJにて承ります。
完全予約制となりますので、興味のある方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
STUDIO FJ:愛知県名古屋市中区栄3-20-9 佳陽ビル1F
その他、各地のイベントで開催しているリメイクオーダーについては、Fruitsjolieのインスタで随時情報を更新しています。ぜひチェックしてみてください。


Interviewer: Chisa Shimotsusa
Text: Jina Lee


◎お問い合わせフォームはこちら
https://fruitsjolie-ec.myshopify.com/pages/contact


◎ONE TIME 購入ページへ
https://www.fruitsjolie.com/collections/one-time

前の投稿へ
次の投稿へ
×

recently viewed

top